オタク女がなんやかんや言うブログ

腐ってるし夢も見ている10年モノのオタク女

推しに結婚報告されたオタクについて

こんばんは、自転車でちょっと近所の郵便局まで行っただけで筋肉痛になったアラサーオタクのあさこです。老化早すぎて将来が不安です。

 
 
 
今年になってからわたしが知っている声優さんや俳優さんが続々と結婚を発表している気がします。いや、去年くらいからですかね?最近ゲームの世界で生きてるから時間とかの感覚分からない。今日が何曜日かとか当たり前のように分かってないもん。暑いから夏かなくらいの感覚しか持ってない。1年って早い。すぐ歳とるし気がついたら死期を迎えてそう。どうでもいい話でした。
必死に追いかけた懐かしきテニミュ1st時代のキャストさんたちや20代半ばの声優さん…こういう方々の結婚発表を見るたび推し(本命)が結婚したらわたしは冷静でいられるのか?といつも思ってしまいます。実際緩めに追っかけていた俳優さんが結婚した時はなんか、ちょっと寂しい〜〜〜〜って気持ちになりました。
 
 
つい先日も声優の寺島拓篤さんと佐藤聡美さんの結婚が話題になりましたね。
二人の声は好きだけどファンというほどではないので「8年も付き合ってたのか!すげーおめでとーよかったねー」くらいにしか思わなかったのですが、ショックを受けている方をたくさん見かけて、その方たちに無駄に同調してしまいもしこれがわたしの本命だったら…と考えてしまってなんだか辛くなった。胃がもたもたしました。考えただけで吐きそう。
 
そういえばAKBのハタチくらいの子が総選挙で結婚するから!って宣言したのもつい最近の出来事でしたね。これがわたしの本命だったらショックで寝込む…。いやでもあれはまた違うジャンルの事件ですね。恋愛とかよく分かんないですって言ってる好きな女の子にバッグとかアクセサリーとかたくさん貢いでアピールしてたのにいきなり結婚するから!って言われたらは?騙しとったんかい金返せ!って怒りたくもなるよね。単純に言うとそういうことですよね?
 
 
 
もしわたしの推しが結婚報告をしたら呆然として、相手のことを調べて、めちゃくちゃ調べて、推しのためにおめでとうってお祝いしようとするけど言えなくて知恵熱出してぶっ倒れるんじゃないかな。ぶっ倒れてる間も相手の粗探ししたり推しの過去の出演作見て素直にお祝いできる良いファンでいたいのにできない自分に涙するんだと思う。最終的にはわたしは素直にお祝いできる良いファンだと気取って周りにマウントとって、泣きながらおめでとうとツイートするんだ…。
 
 
 
そもそも、なんで好きな芸能人の結婚ってこんなにショックなんでしょうね。別にガチ恋とかじゃないんですよ。本気でその人と付き合いたいとか思ってないんですよ。思ってる人もそりゃ当然いるでしょうけど。
頭のどこかではこの人もいつか結婚するって分かってるんですよ。彼女くらいいるだろうっていうのも分かってるんですよ。だってとても魅力的な人なんだもん、推しの周りにもそう思っている人がいるはずなんです。だから彼女いることは分かってんですよ!分かってない顔してるけど!分かってんですよ!分かってるからな?
 
 
結局ガチ恋じゃなくてもこれは恋に似たような感覚なんだと思っています。推しが心の拠り所なんですよ。特にわたしみたいにリアルが充実してないオタクにとっては、推しが心の中を占める割合がめちゃくちゃ大きいんですよ。恋してる時だってその人のことばっかり考えちゃうとかあるじゃん?あれに似てます。片思いに似てる。
 
で、推しもイベントやライブやブログなんかで「応援してくださる皆さんのおかげでここまで最高のものができました」的なこと言ってくれるじゃないですか。ファンの方がいてこその僕なんです〜みたいな。芸能人て絶対言うんですよね、スポーツ選手ですら言うもん。そこで推しにとってもわたしたちファンは心の拠り所なんだって勘違いしてしまうんです。本当にそう思ってくれてるのかもしれないけど、わたしたちはたった一人(複数の場合もあるけどいずれにせよ少数)の人を心の拠り所にしているけど、推しにとっては所詮大勢のうちの一人。そこでまず温度差があるけどそれに気付けない。恋は盲目。
 
さらに、雑誌やブログやラジオ、ツイッターなんかでプライベートを語ってくれたりすると、「わたしは推しのことたくさん知ってる、推しはこういう考え方でこういうものが好きな人なんだ」ってイメージして理想の推し像を作っちゃうんです。勿論殆どの場合結婚やカノバレや炎上とは無縁の理想像です。実際はそんなことなくて、結婚を考えている彼女がいるかもしれないしファンレターを読んでいないかもしれないし謙虚なんかじゃなく自分大好きなナルシストかもしれないし周りの共演者と仲が良さそうに見えて仲良くないかもしれない。多分わたしたちが考える推しのプライベートと現実の推しの生活は違うと思う。その差にも気付けない。わたしたちは推しのこと雑誌やラジオでたくさん見て聴いたからよく知ってるって思ってるから。
 
だから、結婚発表されるとまずわたしの心の拠り所はあなただったのに、あなたは違ったのねと片思いのまま失恋してしまったような感覚になる。あなたが拠り所としてたのはファンじゃなくてその奥さんなんだ、ふうん。勿論推しがファンにくれる感謝の言葉は本物だと思うんですけど、結婚相手が現れた瞬間その言葉がまるっきりぜーんぶ嘘に思えちゃうんですよ。ただの被害妄想なんですけど。騙された、許せないって思う人がいるのもそういうことなんじゃないかな。わたしたちには皆さんのおかげで今の僕があります〜とか言っときながら実際の支えはその結婚相手だったんだろ?今までの言葉も心の中ではんなわけねーだろ僕が好きなのは奥さんだけでーす!と思いながら言ってたんだろ?みたいな。冷静になってみれば奥さんが支えなのも当たり前だしファンが支えてくれて仕事ができる自覚だってあると思うんですけどね。結婚発表って衝撃的すぎて冷静な思考回路ぶっ飛ぶんですよ。
 
しかも、自分で推しの理想像を作ってしまってるわけですよ。仕事にストイックでわりかしクールでイベントもいつも塩対応だから彼女とかともアッサリした感じで付き合ってんだろうと思ったらブログでは奥さんめちゃくちゃ大好きだし大切みたいに書いてあるわけですよ。しかも奥さんゆるふわ可愛いモデルだったり同業者だったりするんですよ。イメージとちゃうやん。めちゃくちゃ顔面偏差値高い(と思ってる)から同じように超絶美人で芝居も上手くて教養と知名度ある人と結婚してくれと思ったらせいぜい雰囲気可愛いか?くらいの無名声優じゃねーか。誰だよそいつ。わたしたちのイメージとちゃうやん。
騙された、許せない。はいまたこの結論に辿り着きます。勝手に騙されたと思ってるだけなんですけどね。推しは一切騙してないです。まあ一部結婚してえ〜〜モテてえ〜〜とか言ってて実は既婚でしたみたいなガチで騙されてるパターンもありますがそれは置いておきます。ちゃんと報告してくれる人は騙したりしてないと思います。
 
だから自分たちの思いを否定されてる気がして、フラれたのと似たような感覚になるんです。ガチ恋でもないのにこのフラれたみたいな感覚なんなんだろうってなったらそういうことなんだと思っています。
寺島さんが言ってるみたいに結婚しても仕事へのスタンスは全く変わらないし僕は僕のままです、みたいな言葉もファンにとってはそういうこっちゃねーんだよって話です。あなたが思うそのままの自分とわたしたちが思うそのままのあなたがそもそも違ってたんですよ、すっかり騙されてたからな。仕事へのスタンスも変わらないっていうのも、そのスタンスの認識が違ったから今のあなたの仕事へのスタンスを受け入れられないのよ。本当騙されたわ。こんな感じ。
 
 
 
オタクって本当に難儀な生き物だなあ(他人事)
 
 
 
幸いわたしが今まで好きになった俳優さんや声優さんは同性ウケの良さそうなビジュアルのいい同業者の方と結婚していたり好きだと自覚した時にはもう既婚だったりしたのでそこまで大きなショックは受けてないんですけど、大本命が未婚だし30間近みたいな丁度いい時期だし昔々インタビューで早く結婚したい!と言っていたのでびくびくしています。
 
 
わたしがツイッターでむりしにたいなどとつぶやきを残ししばらく姿を見せなかったときはきっと推しが結婚した時なので、その鬱ツイートを削除して絵文字いっぱいのおめでとうツイートをするまではそっとしておいてください。
 
 


夢小説あるある

こんばんは、最近気になっていることはソシャゲにめちゃくちゃ課金してる人の月収です。

気になりません?他をめちゃくちゃ節約してソシャゲに費やしているのかめちゃくちゃ稼いでいるのか…
契約社員の飴は「副業 バレない」で検索してメールレディばっかりやないかい!とスマホを放り投げるのが日課になっています。



ところでパスワード付き裏小説を中高生時代こっそり読んでいた皆さん(絶対たくさんおるやろと確信を持って言っています)、最近夢小説読んでますか?


小説サイトがめっきり減ってしまってからわたしは読まなくなってしまったんだけど10代の頃は溢れるほど夢小説サイトがあってずっと読んでいられて楽しかったなあ。休みの日とか1日中読んでましたよね。無駄に長い連載ものとか途中で飽きても1日かけてとりあえず最後まで読んでましたよね。

でも正直自分に刺さる作品てほんの一握りですよね。それを探すのが楽しいんですけどね。ぶっちゃけ内容かぶってるやんけ!みたいなのもたくさんあったけど、なんだかんだ読んでた。どのヒロインもファンクラブの女に虐められとるやんけ!って思いながら読んでた。


久しぶりにサイト巡りするか〜〜?と思ったら傍観とかいうよく分からないジャンルできてたしそもそも数がだいぶ減っていたので早々に諦め、夢小説の懐古厨をすることにしました。

夢小説あるあるをつらつら並べてみんなで懐かしもうぜっていうやつです。



ちなみにわたしはテニスの王子様の夢小説ばっかり読んでました。






01.

「付き合ってください」って言われて「うんっいいよ♪どこまで?」って返すヒロイン


逆ハーレムものによくあるやつ。書いてた人も多分こんなの素で言う奴いねーよって分かってたと思うんですけど、でも何度となく見た。可愛いと思って書いてたんですかね?ガチでこんな返しされたら冷めるよな。アラサーだからそう思うんでしょうか。

これ言うヒロインはだいたい「ふえ?」ってリアクションの取り方をします。「ほえ?」とかもアリ。どこのカードキャプターかな。その後キャラクターたちが(((((か、可愛い////)))))とか(((((天使だ////)))))とか思ってたりします。大量のかっこでハモりました感出すのもあるあるですね。さらにスラッシュで照れを表現するのも台本小説あるあるです。




02.

ヒロインのスペック盛りすぎ


身長138cmとか(小学四年生か?)

身長155cm体重30kgとか(食べた後吐いたりしてない?)

親が世界有数の大富豪でハーフで金髪碧眼で絶世の美女で飛び級で海外の大学を出ていて毒舌で怒らせるとヤバくて不二先輩よりテニス強い

そんなヒロイン見たことない?あるでしょ?どうやって感情移入してたの???わたしは頭の中でIQ200の美女になりきってたよ!

金髪碧眼でなくても目の色緑だったり赤だったりはよくありましたよね。何人?まあドイツやフランスの血が混じっていたりしたんですけど。

めちゃくちゃ金持ち設定でパーティーとか嫌々行かされるのもたくさん見た。社交の場ではお嬢様キャラを演じていてモブに見初められることが多かった。そこで跡部と出会う確率も高かったんですけどね。普通の勤務医の息子な忍足もなぜかセットだったりした。おめーはどっちかっていうと庶民だろ!

不二先輩よりテニス強い、は○○よりすごい剣術とか○○よりすごい能力持ちとかに変換できます。BLEACHにもそういうヒロインいなかった?




03.

暗黒微笑


これ一発変換できました。なんで?もしかして辞書に載ってる?

腹黒キャラ(に仕立て上げられたキャラ)が相手を黙らせたい時とか従わせたい時に表面上綺麗な笑みを浮かべているけどなにかこわいことや悪いことを考えているのが読み取れてしまうやつです。

最強ヒロインが暗黒微笑することもあったしキャラクターが暗黒微笑することもあった。暗黒微笑するってなんだ?この表情を見せられた者は吃りながらそのキャラクターに従ってしまうのであった…ギャグハー(ギャグ作風の逆ハーレム)でよく見ました。




04.

「面白い、俺様の女になれ」


跡部




05.

トリップした時に生活環境を整えてくれて仕送りをくれる神様がいる


そこそこいい部屋を与えてくれたまに現れては食費を置いていく神様です。ネグレクト気味の親かよ。

戸籍や身分証明書を作ってくれるの神様は見たことがないのでずっと気になっていました。保護者の同意が必要な書類はどうやって作ってたのかなとかパスポート作れなくない!?とか思ってました。

この神様はだいたいパリピ並みにノリが軽い。今の夢小説でこの手の展開が流行っていたらどこかの神様はウェーイ!って言ってると思う。知らんけど。




06.

トリップしたことをすぐ信じてくれ、「うちに住むか?」と言ってもらえる


あなたたちはわたしのところでは漫画の世界のキャラクターなの!だからあなたたちのことたくさん知ってるわ!あなたの名前は宍戸亮!親が教師!あなたの名前は日吉若!172cm60kg、好きな食べ物はぬれせんべい!

とまあこういうやつです。不二先輩や跡部や幸村部長の家に住まわせてもらえます。

ちなみに中学時代わたしはこれじゃリアリティがない!と思い(トリップにリアリティもクソもない)、トリップ早々道に迷いやっと辿り着いた立海大付属中学校テニス部で誰にも信じてもらえず警察に突き出されそうになり逃げて公園で泣きながら野宿していたところを丸井ブン太に見つかり「ウワッお前マジで家ないの?え〜〜〜マジで?………まあとりあえず頑張れよ」と言われてジャムパンをもらう話を書いたことがあります。誰も泊めてくれないし立海の生徒にもなれなかった。もうちょっと夢見なよ。




07.

双子キャラを見分けられる


桜蘭高校ホスト部の双子を見分けられるハルヒみたいな感じですね。わたしのジャンルでは柳生に変装した仁王を一目見て仁王だと分かるヒロインがたくさんいました。

なんでわかるんだ?え…全然違うじゃん。ほう、こいつは面白い!気に入ったぜ!の流れが定番です。

今だったらあんさんぶるスターズの日々樹渉の声を聞き分けられる転校生ちゃんがいるんですかね?

ちなみにわたしは人の顔を覚えるのが苦手なので一度まぐれで当ててしまい仁王に気に入られるもぶっちゃけ全然見分けがつかないから柳生に正直に相談する夢小説を書いたことがあります。




08.

嫌われ夢で自分を自分で引っ叩いたりガラス窓割ってキャー!って叫ぶ悪女


絵面を想像したらちょっと面白すぎるのでわたしが遭遇したときはYouTubeにアップしたいと思っていました。

そもそも嫌われ夢はだいたいパターン同じだと思うんですけど、イケメンに好かれたいがためにヒロインがイケメンに嫌われるよう仕向けた上で自分は健気なマネージャーを演じる悪女がいるやつです。キャラクターから嫌われてしまったヒロインこそ健気にみんなを支え続けちょっとずつ信頼を取り戻し、最後は悪女の悪事がばれてめでたしめでたしします。

だいたい幼馴染か親戚の味方キャラがいる。

悪女とヒロイン二人きりになった時に悪女がヒステリーを起こしたように叫びながら自傷して、駆けつけたキャラクターが「お前、悪女ちゃんになんてことするんだ!」と騙されてしまうパターンです。

悪女はほんとは仕事ができないのでドリンク作りや洗濯はヒロインにさせるんです。わたしだったらさっさと部活辞めて悪女の無能っぷりを晒し上げるかな…と思っていました。同じように思った人多いと思う。




09.

屋上か裏庭に呼ばれてギャルの先輩(もしくはファンクラブの幹部)に別れろと言われる


ひと昔前の少女漫画ですね。人気のイケメンキャラと付き合う平凡ヒロインは9割やられます。黄瀬涼太と付き合ったら絶対呼び出されます。椎名翼と付き合ってた頃も何度となく呼び出されました。

ヒロインは100%彼氏にはいじめを受けていることを打ち明けないんですよね。言えばよくない…?最終的にバレちゃうじゃん…?




10.

管理人が「生物学上は女←」


大量にいた性別不明の管理人。これって元ネタ桜蘭高校ホスト部藤岡ハルヒですか?桜ホスってつくづく罪深い漫画ですね。夢小説書いてる時点で女丸出しやないかいと思ってました。

性別不明の管理人のサイトは高確率で「あなたは4186人目の迷える子羊ーーー」みたいなカウンターがありました。どんだけ迷うんだよ。

昔は一人称が僕や俺の管理人さんもいたような気がします。語尾のセルフツッコミが多かった。






他にも

・未完の1000のだいすき

・やたらランク踏ませてパスワード探しさせる

・変態化する忍足

・わりと親に放任されている

・キャラに興味ないって言った方が好かれる

・ヒロインいつも一人の友達としかいなくない?

・意外とばれない男装

・合同合宿

・方言キャラの幼馴染ヒロインは標準語

・勉強を教えてもらう時ひとつ間違えるごとにキスしなきゃいけない

・サボりすぎ

・自習の時間多すぎ


などなどいくらでもネタが出てきますね。

アラサーオタクはもう中学生になりきって読むのが辛くなってしまったので大学生とか社会人設定の夢小説を読みたいです。


今は占いツクールっていうサイトがあるんでしたっけ、と思って見に行ったら無性に恥ずかしくなって穴があったら入りたいくらいの気持ちになりました。なんででしょうね。


あとこれを書いた後昔書き溜めていた夢小説ノートを引っ張り出して読んだんですけどロクな小説がありませんでした。

バッサリ切り落とした宍戸亮の髪の毛を長太郎に頼み込んで分けてもらう話とかわたしと毒草どっちが好きなの!?って白石に迫って毒草やな!と返されたヒロインが毒草を手に「わたしって答えなきゃこの毒草飲んで死んでやるから」って白石を脅すギャグ話とか世間の変態イメージに苦しむ忍足のカウンセリングをする話とかツイッターを乗っ取られてレイバンのサングラスをひたすら宣伝する謙也の話とかトリップした先で3年間全くキャラと関われず中学を卒業したヒロインがそのまま就職して提携社とのミーティングで佐伯に会う話とか。

きゅんとする夢小説を書ける人は天才だと思います。


全部テニプリですやん。

今の夢女は刀剣乱舞とかで占ツクで夢小説書くの?ヒロインっていうかさにわなの?ちなみに最近審神者をさにわって読めるようになりました。





ちなみにここまで懐かしいわ〜というテンションで語りましたがわたしはまだ現役の夢女です。某ソシャゲで元気に某キャラの彼女をしているのでウワッこの夢女ちょっと妄想が可哀想!みたいなツイッターアカウントがあればわたしだと思うのでそっとしておいてください(暗黒微笑)

オタク女の雑記

はじめましてまるでだめなオタクです。

これ流行ったよね〜〜〜〜まるでだめなおっさん略してマダオ〜〜みたいな銀魂のやつ。中学時代使ってました。銀魂実写化したからまた流行るかなと思って言ってみました。

銀魂口調のオタクが蔓延したのも懐かしいですね。オイィィィ!みたいな。わたしはテンション低いオタクだから言えなかった。最近の若いオタクはおそ松さんとかかな?もう古いですか?今は銀魂リバイバルですか?


ブログを作るのは初めてではないのだけど軽率にまた新しく始めてみたよ。



このブログは半分くらい愚痴ブログみたいなものだし普段口にできない最高に性格悪いことを言うストレス発散ブログみたいなものです。

普段温厚ぶってる反動なのでこいつストレス溜まってんだなあ…と思ってゆるしてください。別に許さなくてもいい気もするけど。






とりあえずこの記事では自分のことを書いていきます。


まずはわたしの同人遍歴から。


好きになった漫画作品をネットで検索してるうちに夢小説を知ってブックオフで立ち読みしてるうちにアンソロジー及びBLを知ってオタクの世界に足を踏み入れちゃったという、わりとありがちなパターンで十数年オタクしてます。

ちなみに二次元で初めて恋に落ちたキャラクターはホイッスル!の椎名翼で絶世期を少し過ぎたあたりでテニスの王子様キャーキャー言ってました。


ほぼ同時に2.5次元舞台も好きになります。テニミュは1stしか観てない。2nd以降自分より年下のキャストが増えていたたまれなくなり観られなくなりました。

テニミュ以外の2.5はあまり知らない。



オタクだし腐女子だし夢女子だけどわりと同族嫌悪してる節があります。オタクたまになんか怖くない?過激なファンみたいなのヤバくない?

あと変な格好してるオタクを見かけたらなんか、色々通り越してときめく。古き良きオタクだ!グッドオールドギーク

わたし自身は化粧とか禁止されて育ってきたから今でもよく分かりません。よく分かんないけど塗っとこ…よく分かんないけどとりあえず前髪は七三に分けるか…みたいな具合。服は好きです。





あとはそろそろいい歳になったアラサーオタク女の本音ブログなので同世代のオタク女子と分かる〜〜〜〜!って言い合えるようなことも書きたい。

21世紀生まれの若いオタクはもしこのブログ読んでもスルーしてくれよな。分かります٩꒰。•◡•。꒱۶とか言われたらなんか辛くなるから。上の世代の人もアンタまだ若いじゃん!とか言わないでスルーしてください、よそはよそ、うちはうちです。あなたも25過ぎたあたりからヤバい〜〜って思ったでしょ。しらんけど。あとはそろそろいい歳になったアラサーオタク女の本音ブログなので同世代のオタク女子と分かる〜〜〜〜!っ



というわけで今回は短いですけど自分語り長い奴はうざいという調査結果が出ているのでここまでにしておきます(出ていない)

また次の記事でお逢いしましょう。